今まで興味の無かった恋愛が、無くてはならないくらいハマった

私は、恋人に対して大きな感謝を抱いています。
数年前、今の恋人と接点を持つまでは色沙汰等は毛程も興味ありませんでした。
不思議な事に、恋人とデートをしたい、とか家で一緒にまったりと過ごしたいという願望がそれまでは全く無かったのです。当然、恋人が欲しいともそれまでは全く考えたこともありませんでした。
しかし、今の恋人とサークルで一緒になり、同じグループで活動していくうちに、向こう側から告白を受けました。
一目惚れだった、今の恋人と別れて私が好きだと言ってくれました。
その時の私は、恋人という存在が未知の存在で、怖いと感じてしまいました。
申し訳無い気持ちと、もしかしたら一時の思いかもしれないと思い、そして恋人が出来ることへの不安で返事を保留にしてもらいました。
実際に、保留をしてから返事をするまでに3ヶ月かかってしまいました。
その間は、色々考えて相手が私は好きなのか、付き合っていいのか、という不安に対して自問自答を繰り返しました。
ふとした時に、相手と電話をしている時に「喋るのが楽しい、電話を切ると寂しい」と感じる時がありました。
自分の気持ちに向き合い繰り返し自問自答をしていくことによって、自分自身も気持ちを変える事が出来ました。
保留にしてからの間も相手はずっと待っていてくれたのも、私の考えや気持ちを変化する要因だったと思います。
実際に付き合うという一歩を踏み出してからは、今までの日常の風景の見方や捉え方も変わり、貴重な体験を恋人のおがげで経験出来ていると思います。
私にとっては、恋人という存在は今まで感じた事のない刺激を与えてくれて、感情の表現を前よりも豊かに出来る事が出来るようになりました。
今でも感謝の気持ちをいつも忘れずに過ごしているくらいには、大切で特別な存在です。デパス