就労支援者からの憂鬱な電話連絡がきた

今日夕方近くに市役所の就労支援者から電話が来た。内容はいつも通りの就職状況確認だ。僕は毎日ハローワークに行って就活しているのでそのことを伝えた。就労支援者からは月に一度定期的に連絡があり毎月一回必ずハローワークで就労支援者とハローワークの生活保護担当者と僕の3人で面談がします。面談内容はこの一か月間の就活状況とかいろいろ聞いてきます。ここ数か月面談しても何か変わるわけでもないし面談するだけで無駄だと思うがこればかりは仕方のないことです。僕の今現在の就職における最大のネックはマイカーがないことです。マイカー通勤必須のところとか朝早い時間帯の仕事で公共機関がない場合とかマイカーが必要です。なので去年の11月から生活保護受給しながらも貯金しました。これには理由があります。万が一生活保護受給中に携帯電話が故障して機種変更する場合に生活保護受給中の状態なら分割払いが出来なくて一括現払いで機種変更しないといけません。なのでなるべく貯金するようにとケースワーカーに言われていたので月々わずかながらも貯金していました。その貯金でなんとか中古の安い軽自動車なら買えるようになったのでマイカー通勤必須のところに応募したいってケースワーカーに伝えたら車買った時点で生活保護打ち切りって言われた。そうなると仕事決まっても給料がまともに出るまで生活ができない。就労支援者にも伝えたら同じく生活保護打ち切りって言われた。せっかくお金貯めてマイカー買えるまでになったのに残念です。このあたりのこともあって今度の金曜日に面談します。面談が憂鬱で嫌だけど仕方ないです。なんとか良い方向に向かうように願うばかりです。マッチブックを使ってみたら出会えた!