住宅に入り浸ってるくせにいつまでもユーザー気持ち分な義弟の彼女

連日義父宅へおさんどんをしに行っている。
姑は数年前に落命、義父宅にはまだ未婚義弟が2人間住んでいます。
父親3人間ではランチタイムの準備やケア洗濯など何かと苦労することが多いためあたいが覗くことになったのですが、最近は義弟のゼロ人間が女房を在宅に入り浸らせるようになってしまいました。
女手があり女房も一緒に食事するなら女房にランチタイムのリザーブくらいしてもらえばいいと思うのですが、いかなる指令で育ったのかディナーがほとんど出来ないらしき。
あたいが居ない時は冷凍食物か出来合いの総菜を買い込んで食べておる措置。
これでは義父のタフ面にも問題があるし、さらには義父の偏食も悪化するだけなので実質あたいがやることに。
しかしこういう義弟の女房は私のことをメードくんとでも思っているのかまったく何も手伝おうとはせず、ランチタイムが出来上がってから義弟の座敷から出てきて、ランチタイムが終われば始末を手伝おうともせずにあたいがお皿を押し下げるのをむかえるだけ。
最初の時に遊戯にきていた時ならいざしらず、今では1ウィークほど泊まり込ん現れることもあるのでいくら別人間であれさすがにお客ではないだろうとあたいは思っています。
義弟は惚れたデメリットかまったく文句を言うわけでも無くニコニコと。
あたいは女房が来るたびにイラっとさせられっぱなしだ。
あたいとは15才ほど離れた女房ですが、たったの15年で別人間の家でこんなに横柄な見解を取り除ける子供たちに変化してしまったのでしょうか。
別人間の家でエチケットをわきまえられない人間間にはイライラさせられます。