養育の大変さやストレスは、夫の共同平均で大きく変わる。

小学生本数学年と未就学児の母さんだ。

上の方と下の方、同僚応戦期とイヤイヤ期だ。
僕は稼業ママですが、それでも毎日が忙しくて毎日が30間隔あればいいのに、とおもうほど、自分の事はのち回しで家庭と子育てをしています。

夫は仕事柄、週末祝にお休日が取れないので、土曜も日曜も世がお休日の間も母子世帯の様に子二人と僕で過ごしています。

起床から子供達の食物や着替え、上の方を学校に行かせたら、下の方の公園試合へ。
1間隔幾分ほど遊んで帰宅したり、そのまま買い出しに自転車を走らせ、帰国と同時にランチの装備、食べさせて昼寝をさせて、
その間に洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりしています。
一年中が本当に短期間だ。

ウィークデーに夫が休日でも、恋人は公休だからと言わんばかりに寝ていたり、ゴロッとしたままテレビを何時間も見ていたり、
例え洗濯タイプが隣席に捏ねてあっても、自ら畳もうとはしません。

育児の大変さやストレスと言うのは、夫の日常の家庭や子育ての同盟階級で随分とラクラク変わるものだと思います。
拳固分けをすれば、心配は小気味よくなるのにと思います。

洗濯物を畳んでもらえるだけで、子と一緒に遊べたり、他の家庭が求められたり行なう。
逆に、子と遊んでくれていれば、その間に洗濯物を畳んで乗り越える事もできます。

子は可愛がって要る夫ですが、子育てという面では特に何もしないので時々本当に頭に来るのですが、イラついてもこちらがくたびれるだけなので、サラッと〇〇しておいてできるかな、と声掛けするようにしています。

先日は、下の方の便所の助太刀を頼んでみたのですが、便所に座らせた途端に『出たら教えてね』と言って入口を閉めて、自分はまたテレビ前に戻っていました。
案の定、次女は入口を閉められ、誰もいなくなりパニックで便所の中で泣きながら僕を呼んでいました。

子育てって、小さい内は寄り添う事が主軸なのに、二人眼の子供ができても貫く夫に呆れてしまう。

世の中のイクメンをお保ちの母親が、本当に妬ましいこの頃だ。